タグ「広報」の投稿

  • 交通死亡事故発生に伴う広報 NEW

    令和6年1月23日午後、岐阜県中津川市の市道で道路を渡ろうとした87歳の女性が、乗用車にはねられお亡くなりになる交通事故が発生したことから、中津川地区交通安全協会では、令和6年1月30日、事故現場付近の交差点でのぼり旗を掲げたり、歩行者のみなさんに反射材をお配りするなどして、交通事故防止を呼びかけました。

  • 「二十歳のつどい」で広報

    岐阜北地区交通安全協会藍川支部では、令和6年1月7日、岐阜市北東部コミュニケーションセンターで開催された藍川小学校区の「二十歳の集い」において、出席者の皆さんにパンフレットをお配りして交通安全を呼びかけました。

  • 早朝街頭広報活動

    岐阜北地区交通安全協会では、令和6年1月15日の県民交通安全の日に地区内の主要交差点等で街頭広報活動を行いました。

  • 交通安全祈願雪像ろうそく

    令和6年1月11日、「三寺まいり」の雪像ろうそくが飛騨市観光協会から寄贈され、地域の安全を祈願して飛騨警察署に設置されました。

  • 「二十歳のつどい」で広報

    岐阜北地区交通安全協会早田支部では、令和6年1月8日、岐阜市内のホテルで開催された早田小学校区の「二十歳の集い」において、出席者の皆さんに反射材やチラシをお配りして交通安全を呼びかけました。

  • ホームセンター店頭で広報活動

    岐阜北地区交通安全協会では、交通死亡事故多発県内警報発令を受け、令和5年11月7日、地区内のホームセンター店頭で警察官と共にチラシや交通安全啓発グッズ等を配布し、交通安全を呼びかけました。

  • 薄暮時の交通事故防止啓発活動

    岐阜羽島地区交通安全協会では、令和5年10月24日に地区内で交通死亡事故が発生したことから、11月1日に地区内のスーパーマーケットにおいて反射材などを配布して、薄暮時から夜間にかけて外出する際は反射材を身につけて交通事故の被害に遭わないよう啓発活動を行いました。

  • 百年公園「オータムフェスティバル」にブース開設

    中濃地区交通安全協会では、令和5年10月14日、岐阜県百年公園で開催された「オータムフェスティバル」にブースを開設して、タックルバンドや反射タスキなどの反射材を配布し、反射材の装着による交通事故防止を呼びかけました。